Blog
News
  • HOME
  • ニュース
  • これを読めば完璧!注文住宅の購入の流れを徹底解説!

これを読めば完璧!注文住宅の購入の流れを徹底解説!

夢のマイホームを買いたい。
でも具体的な購入の流れが分からない。
そんな悩みをお持ちの方はこの記事を読むことをおすすめします。
今回は注文住宅の購入までの流れについてご紹介していきます。

 

□購入の流れ

今回は注文住宅の購入の流れについて大きく分けて5つの点を挙げながら説明して行きます。

*契約・土地購入

住宅を購入する際、まず土地の重要事項の説明をうけます。
住宅の購入者に対し、宅地建物取引主任者が記載した書面を口頭で説明することが、法律で定められているのです。
契約内容をしっかり確認した上で、手付金を支払います。
契約する会社によって、金額の設定に違いがあるため、手数料が別になっていないかなどをチェックしながら進めていきましょう。

*プラン決定

自分がどんな家を建てるかを、具体的に決めていく必要があります。
自分の建てたい家の希望をいくつか出しながら、間取りや設備を決めていきます。

*建築請負契約

プランをしっかり決めた後は、実際に施工の契約に入っていきます。
契約の時には、「工事請負契約書」「工事請負契約締結書」「見積もり書」「設計図書」の4つの書類が渡されます。
分からないことがあれば、前もって聞いておくようにしましょう。

*建築確認申請

次に、自分たちが決めた住宅プランが、きちんと法令に従ったものであるかをチェックしなければなりません。
建築主が行政や民間の検査機関に建築確認の申請後、確認審査を受けます。
建築確認証の交付を受けた後、実際に着工できます。

*住宅ローンについて

契約の際に組む住宅ローンについて、チェックしておくべき点は、完成後の住宅を購入する場合と、先に土地を買ってから家を買う場合では、支払いの順番が大きく違うことです。
注文住宅の場合、先に土地を買うので、ローンの組み方が特殊になり、支払う際にお金が足りないというケースがあります。
自分にあったローンが、金融会社にきちんと用意されているかを確認してから組むようにしましょう。

 

□まとめ

以上、注文住宅の購入の流れについてご紹介しました。
イメージが湧きにくかった購入までの流れも、どんなものかわかっていただけたのではないでしょうか。
今回の記事を参考に、注文住宅の購入について検討してみてください。
当社では、そんな自分の家を建てたいお客様に、十分納得していただける快適な住まい作りを提案しております。
何か相談したいことがあれば、ぜひお問い合わせください。