Blog
News

気密測定は大切です

アトリエ建築家と建てる家「R+house」で
建築中の、I様邸の躯体検査も無事終わり、
続いて気密測定を行いました。

気密測定は唯一現場で測定できる
住宅の隙間を測定するための大事な検査です。

特に寒暖の差が激しい庄内だからこそ
隙間を減らし、エネルギーを逃がさない家づくりを
心掛けることが大事だと私達は考えております。

ではこの気密測定を簡単にご説明します!

測定方法は建物の空気を抜き、
隙間から入ってくる空気を測定するというもの。

これで住宅の隙間面積を測定します。

今回の測定結果は0.3㎠ /㎡と
かなり良い結果となりました。

ちなみに一般的な住宅の値は10㎠/㎡。
次世代エネルギー基準に該当する住宅でも
山形県では5㎠/㎡と規定されています。

寒暖差の激しい地域で家を建てるならこの値が
低い住宅を設計しないと快適には暮らせません。

例えば寒い冬、この値が低いと
温まった空気が部屋にとどまるため、
お部屋全体の暖かさは長続きします。
そのため必要以上に光熱費を使う必要がなく
省エネにもつながります。

弊社ではこの測定を全棟行い、
一定の数値よりも低くなるよう常に心掛けています。

お施主様よりマスターホームに頼んで良かったと
言っていただけるよう、これからも丁寧な施工を
心掛けてまいります!