Blog
News
  • HOME
  • ニュース
  • 注文住宅をお考えの方必見!間取りの決め方のポイントとは!

注文住宅をお考えの方必見!間取りの決め方のポイントとは!

注文住宅は自分の思うような家を建てることができるのが嬉しいポイントです。

しかしながら、自由度が高すぎるために間取りを決めるのが難しいこともあるかと思います。

そこで今回は、注文住宅の間取りの決め方のポイントをご紹介します。

間取りの決め方のコツ

間取りで考えなければならないことはたくさんあります。

キッチン、リビング、ダイニング、トイレにお風呂に部屋の数など、何から考えたら良いのか分からなくなってしまいますよね。

そんなときは、以下に注意して決めましょう。

*優先順位をつける

全てに完璧を求めると部屋のスペースが不足してしまいます。

また、統一感のない仕上がりになってしまうことがあります。

まずは優先順位を考え、絶対に譲れないものを決めましょう。

たとえば、「リビングを広く取りたい」「キッチンは大きいものが良い」「日当たりの良い部屋が欲しい」といった様々な考えの中から、最も大切な要素を決めます。

その後、それをベースに他のスペースを組み立てていくのです。

このように頭の中を整理し、順序立てて決めていきましょう。

*部屋の数を決める

3LDK4LDKが一般的ですが、このように自室の数を決めることが重要です。

たとえばお子さんが2人いる場合、両親が同じ部屋を使うなら3LDKで十分です。

また、小さなお子さまの場合は家族が並んで寝ることも多いのではないでしょうか。

そんなときは、3LDKでそのうち1つを大きめの部屋にすると、快適に寝ることができます。

反対に、プライベート空間が欲しい場合や書斎など特別な部屋を用意したい場合は、4LDKになるでしょう。

その代わり、家族が集まれるリビングを広く取りたいと思うかも知れません。

このように、部屋の数を考えることで未来の暮らしが見え、間取り決めが進むようになります。

おしゃれで便利な間取りの例

*キッチンを対面式にする

対面式キッチンとは、ダイニングと向き合う形で作られたキッチンです。 

料理をする人が隔離されず、また小さなお子さんをダイニングテーブルで勉強させるなど、子どもの様子を見ながら料理ができる点がメリットです。

デザインも洗練されているものが多いので、おしゃれな間取りにすることができます。

*リビング階段を設ける

おしゃれな階段をリビングに作り、インテリアと呼べるほどリビングに溶け込ませた階段をリビング階段といいます。

おしゃれさはもちろん、自室に行く際やお出かけの際は必ずリビングを通るため、家族間のコミュニケーションが無くならないのもメリットです。

まとめ

間取りの決め方とおしゃれな間取りの一例をご紹介しました。

自由度の高い注文住宅で悩んだ際は、優先順位をつけることで間取りを決めやすくなります。

また、おしゃれで便利な間取りとしては、対面式キッチンやリビング階段などが挙げられます。

重視するポイントと未来の生活を意識して間取りを決めるのがポイントです。