Blog
News

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)目標

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは

外皮の断熱性能の大幅な向上と

効率的な設備・システム導入により

室内環境の質を維持しつつ大幅な省エネを実現

(省エネ基準比20%以上)

その上で再エネルギーを導入して年間の

一次エネルギーの収入をゼロとすることを目標とした住宅を

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)といいます

 

2020年に”省エネルギー基準の義務化”を

目標としていましたが

現状基準に満たす住宅会社が低い為

この義務化が見送られ、現在は

建築主が「省エネ基準に適合させる為に

必要な措置を講ずるように努めなければならない」

と定められております

 

①省エネ基準への適合

②省エネ基準に適合しない場合は、省エネ性能確保のための措置

①・②を書面にて建築主に説明を行うことを

義務付けられています

 

弊社では、すでに省エネ基準を満たす住宅を

ご提供して参りました

本年度としましては、建築する住宅を50%

ZEHとすることを目標としております

 

また支援事業として

強化外皮基準(住宅の断熱仕様の強化)や

基準に対して一次エネルギー消費量を

20%以上削減するなどの「ZEHの定義」を

クリアし予め、ZEHビルダーとして

登録した施工業者が施工する住宅において

申請・審査のあと採択を受けると

補助が受けられます

 

これからマイホームの購入を考えているのであれば

最低でも、省エネルギー基準が適合している

住宅を購入いたしましょう!