R+house
DESIGN

 

中庭をぐるりと回る動線で機能美を叶えた家

「部屋全体が見渡せて、どこにいても家族の気配を感じる住まい」がコンセプトの、中庭を中心にぐるりと回遊できる間取り。パブリックなLDKを中庭の右、プライベートな水回りを左に配置することで暮らしの機能美を実現した、回遊動線のある家です。

ポイント

リビングは壁を最小限にして広々とした空間を確保。ダイニングの地窓、キッチンの腰高窓など多方面から採光した明るい住空間です。